RO-MA.jp 北海道帯広市の公衆浴場「ローマの泉・福ノ湯」

三六〇度疑似体感ツアー

360°ビュー

ローマの泉・イメージ

360°View Tour ! ローマノ泉(家族風呂)

  • ローマノ泉

    開業時の施設をそのまま守るノスタルジックな雰囲気。老若男女が気軽に楽しめる温泉銭湯として、昭和51年(1976年)にオープンしました。

  • ローマノ泉−受付正面

    正面入口すぐに「ローマノ泉」のエントランスロビーと受付があります。ようこそ、"ローマ・ジャパン"!

  • ローマノ泉−受付(中)

    「いらっしゃいませ。ご家族4名様一室ですね、22号室へどうぞ。」こちらで、皆様のお越しをお待ちしております。

  • 植物性モール天然温泉

    源泉掛け流し100%天然温泉ですので、贅沢な泉質をたっぷりとご利用いただけます。

  • ローマノ泉−家族風呂

    当温泉イチオシの「サウナ付き家族風呂」です。お時間までゆったりとお寛ぎください。

  • ローマノ泉−家族風呂−廊下

    家族風呂(ファミリーバス)が11室と、サウナ付き家族風呂(ファミリーサウナ)が3室ございます。

  • ローマノ泉−休憩スペース

    お湯のあとは休憩スペースでお寛ぎください。牛乳などのドリンク、アイスもございます。

  • 男性サウナルーム(休憩)

    男性専用のサウナルームです。※男性サウナルームは2013年11月をもって営業を終了とさせていただきました。

  • 男性サウナルーム(風呂)

    フィンランド式サウナと3種の浴槽がありました。※男性サウナルームは2013年11月をもって営業を終了とさせていただきました。

360°View Tour ! ローマの泉食堂

ローマノ泉大衆食堂

湯上りにはぜひ館内にある「ローマノ泉食堂」へ。ラーメンを食べて、食堂を切り盛りする「はるさん」とおしゃべり。これが"ローマ・ジャパン"のフルコース。

食堂のみご利用のお客様も大歓迎。食堂専用の入口があり何方様でもご利用いただけます。

※食堂には「ローマ」の雰囲気はありませんのであしからず。

毎日通えるあったかごはん

おススメは「昔風醤油ラーメン」(600円)と「カツカレー」(750円)。帯広名物の「豚丼」(750円)もございます。

ローマの泉食堂・はるさん

360°View Tour ! ローマの福の湯(公衆浴場)

  • ローマの福の湯

    昭和55年の温泉掘削以降、量も温度も予想を超えた名湯が出ました。より大勢の皆さんにもと楽しんでいただきたいと翌昭和56年(1981)夏に公衆浴場「ローマノ福の湯」を開店。

  • ローマノ泉・ローマの福の湯(外観)

    ローマの福の湯(公衆浴場)は2階にあります。狭い階段を上がっていけば、そこは温泉天国。

  • ローマノ泉・ローマの福の湯(外観)

    建物の裏概観になります。ノスタルジーを越え、もはやアートでございます。

  • ローマの福の湯-女性用大浴場

    扇形の浴槽には、コーヒー色したとろけるようなモールの湯があふれます。じっくり浸かると汗が引かないぐらい、芯からホカホカと温まります。

  • ローマの福の湯-番台からの景色

    番台は今では珍しくなった昔ながらの対面式。

  • ローマの福の湯-男性用大浴場

    開店前は、お湯を抜いて毎日浴槽の掃除。気持ちよく入ってもらうため、大切な工程です。

  • 源泉かけ流しのお湯

    常に湧き続ける源泉かけ流しの温泉。モール泉は「美肌の湯」とも言われ、植物由来の 天然保湿成分が豊富に含まれているため、洗顔やシャンプー後も肌がしっとり。

  • ローマの福の湯-休憩スペース

    お風呂から上がったあとは、休憩スペースで一休み。お連れ様との待ち合わせや休憩にご利用いただけます。

  • 出入り口は階段で

    「いらっしゃいませ。」「またのご利用をお待ちしております。ありがとうございました。」

360°View Tour ! おまけ

  • 男性サウナルーム(休憩)

    記念にもう一枚。なかなかノスタルジックでしょ。※男性サウナルームは、2013年11月をもって営業を終了とさせていただきました。

  • ボイラー室

    普段はお目にかかれない男性の浪漫?こんなところも今回は特別に見せちゃいます。

  • ボイラー室

    開店当時からがんばり続けた裏方さん。94年9月中旬、地下配管の老朽化に伴う補修工事で、1カ月間休業したことがありました。

この光景は昔を思い出すなぁ(涙)。

ローマノ泉イメージ

OUTLINE ローマノ泉とは

「あの頃は一生懸命だったなぁ」と一筋の涙を流しながらお客さんが言いました。

昭和51年(1976年)の開業以来、一度も改装していない施設はノスタルジックな雰囲気。男湯と女湯の脱衣場を仕切る先には番台があり、高齢の女性従業員が入浴客に気を配る。番台では、瓶入り牛乳(110円)も売られ、昭和時代の面影を色濃く残しているのも魅力の1つだ。

94年9月中旬、地下配管の老朽化に伴う補修工事で、1カ月間休業したことがあった。この間、工事の様子を毎日見に訪れていた常連客の姿もあった。営業再開初日、常連の1人から「ずっと待ってた」と声を掛けてもらたことが、今も北浜さんの励みだ。「お客さんは家族のよう。いつまでも安らいでもらえる浴場であり続けたい」。

参考文献「十勝毎日新聞」

ノスタルジック -哀愁浴場-

ノスタルジック -哀愁浴場-

地下1200メートルからくみ上げた茶褐色の湯は、浴槽からあふれて洗い場にまで流れ出し、浴場全体にほのかな硫黄の香りを漂わせます。浴槽に身を沈めると、数秒を待たずに肌の表面に気泡が。

植物性のモール天然温泉

植物性のモール天然温泉

炭酸や硫黄などの成分を含むアルカリ性単純温泉(植物性モール温泉)。加温や加水をせず、ぜいたくに源泉かけ流しで提供しています。「お湯だけがうちの自慢なの」。

選名録 命名「ローマノ福の湯」

名前の由来はテルマエから

名前の由来は古代ローマの公衆浴場(テルマエ)から。その昔、世界に温泉文化を広げたローマ帝国の豪華な浴場にあやかり、「ローマ風」「ローマ式」などとつけた洋風風呂が数多くありました。

温泉のあとはグイッと一杯

温泉のあとはグイッと一杯

お風呂上がりの牛乳こそ、風呂の醍醐味。フルーツ牛乳、コーヒー牛乳、キンキンに冷えたビールなどもございます。「お風呂上りに牛乳?」「そう。やっぱり風呂上がりはこれだよね。」

SPRING QUALITY 泉質と効能

泉質
アルカリ性単純温泉

効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消火器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康促進アルカリ性単純温泉

HISTORY ヒストリー

昭和51年(1976)、佐虎建業(有)の先代社長がサウナ・家族風呂の「ローマノ泉」の権利を譲り受ける。当時の家族風呂は沸かし湯だったので、燃料代を浮かせるために始めた温泉掘削を行い、昭和55年(1980)7月、深度1,200mで温泉が720?/分湧出した。同年、家族風呂に温泉が引かれる。家族風呂で利用しても湧出量が多かった為、翌昭和56年(1981)夏に公衆浴場「ローマノ福の湯」が誕生する。

●参考文献
「十勝平野中央部地域地質図及び説明書」(監修・北海道立地質研究所、発行/十勝支庁農業振興部)

ほっとな情報

トピックス一覧を表示

Facebookの「いいね!」で毎月入浴券GETのチャンス!

※キャンペーンは終了しました。
ローマノ泉・福の湯Facebookページに「いいね!」してくれた方の中から抽選で毎月1名様に、温泉銭湯「ローマノ福の湯」の入浴券を10枚(10回分)プレゼント致します!

応募期間:2016年5月31日まで

※当選者にはFacebookで直接当選メッセージを致します。

道中、お気をつけてお越しください。

Access & Price アクセス/料金表

住所:帯広市東9南12
営業:ローマノ泉 11:00〜24:00・福の湯 11:00~23:00
定休:毎月第2水曜日(1月・8月・12月を除く)
電話:0155-22-0456

料金表

ローマノ泉(家族風呂)
ファミリーサウナ
1時間迄 ※10分増しごとに350円
1室  1,900
ファミリーバス
1時間迄 ※10分増しごとに100円
大 人
小学生
幼 児
 600
270
110
17:00以降、お1人でご入浴の場合
1時間迄 ※10分増しごとに100円
650
ローマの福の湯(公衆浴場)
大人   440
小学生   140
幼児   70

Message 一言メッセージ

ローマの泉・福の湯へご感想、応援メッセージなど、気軽にお寄せください。お送りいただいたメッセージは全てオーナーが直接目を通し、励みにさせていただきます。

※このフォームから送られたメッセージは当ホームページ管理人が受け取り、ローマノ泉オーナーへ印刷して渡すため、お返事が遅くなる、又はできかねる場合がありますのでご了承ください。お返事がお急ぎの場合は直接お電話でご連絡ください。

電話:0155-22-0456

お名前

E-Mail

E-Mail(確認用)

メッセージ

当ホームページは、近所のウェブ制作会社「株式会社 STUDIOザンビ」が運営代行を行っております。

佐虎建業 株式会社STUDIOザンビ 360°パノラマVR/北海道・帯広市 facebook
↑ページ先頭へ